カテゴリー
Uncategorized

本当に死にたいのか?

皆さんはフとした時に死にたくなることは無いだろうか。私はある。私は恐らく他人より過去の失敗や恥ずかしい出来事が多いと思う。それを思い返してフと穴があったら入りたい状態になる。そしていっそ死んでしまいたくなる。それだけじゃ無い。悲しいことや未来への希望の無さを嘆いて、今死んだほうが楽なんじゃと思い始める。でも言霊という言葉もあるので、口にするのは憚られる。書くのはOKなのかは判らないが。だがぶっちゃけ自死を選ぶのは相当怖いし、勇気がいると考える。そんでまだもうちょっと生きようかなって踏みとどまる。てかビビってまだ良いやってなる。

まあ何が言いたいのかというと頑張って生きていこうぜって話です。皆さんなんかしら楽しみや好きなことがあるはずだ。俺はまだマーベルの映画の続編を見たいし、新作のゲームもやりたいから生きてる。恥が多くたって、現状詰んでたって、なんとかなるもんです。どうにもならない死ぬしかないって思い込んでる人は視野が狭いか、プライドがまだ残ってるかだ。日本には救済措置も多いよ。後、人間なんて広い意味で見ればみんな一人ぼっちなんだから、誰からも認めてもらえなくたって、蔑まれていたって自分ぐらいは自分が認めて褒めてあげなくちゃダメだと思うんですよね。でも自己肯定感が低い人はそれがどう頑張ってもできない。こんな偉そうに宣っていながら俺もできない。頭でわかってても出来ないんですよ。どうしたら良いのかね、これはどう考えても無理だったわ。俺の頭が硬くて視野が狭いだけかもしんないけど。

本当に人生を終わらせたかったら、それはそれで良いと思う。それは個人の自由です。でももったいないと思う。まだ地球には解明されてない出来事や、技術もあるわけだし、それを俺は知りたい。だからまだ底辺でも、辛くても生きていたいと思う。

SFの父、ジュールヴェルヌの名言に「人が空想できるすべての物事は起こりうる現実である 」ってあるんだけど、(実際は出展が怪しい言葉らしいけど)それを私は信じてる。だからちょっと曲解するけど、地獄も天国もあると思うし、神様だっていると思う。実際に日本は本当に神様が近い国だと思う。他の国の実態は判らないんだけどね。

ま、だらだら生きて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です